先進医療の特約が付いている保険の特徴

先進医療とは、最新の医療技術の中でも厚生労働省が承認した一定の基準を超えた医療行為のことをいいます。
主に日本人の死因の大半を占めるがん治療に活用されることが多く、日々技術も進歩しています。
先進医療にあたるものとしては現在で約60種類ほどあります。
受ける場合はまず治療内容や必要な費用などを医師から説明を受けます。
説明された内容を十分に理解して納得がいけば、同意書に署名し治療を受けます。
高額な技術料がかかるため健康保険の対象外になり、治療費は全額自己負担になります。
この高額な負担を減らすため、民間保険会社が提供している「先進医療特約」という特約があります。
ただし、先進医療でも技術料がすべて高額になるわけではありません。
例えば、がん治療の場合は200万~300万円ほど必要になりますが、数千円ほどの少ない金額で済むこともあります。
金額が少額なら特約付きの保険に加入してなくても、個人で充分に対応ができます。
どんな病気であれ、特約付きの保険を上手く活用できれば、もしもの時の支払いを助けてくれる強い味方になります。
特約付きの保障は月々100円程度の保険料で付けられますし、新しく加入する場合は通常より保険料も安くなります。
まずは自分のライフプランをしっかりと考え、必要かどうかを見極めてから特約を付けるか決めましょう。

甲府 矯正歯科

健診システムを比較

成人矯正お任せください

歯の急な痛みに対応した緊急歯医者

ストレスフリーな歯科治療を三軒茶屋からお届け